神奈川 横浜 川崎 湘南でダブル断熱・自然素材の家を建てるならプロパティホーム㈱東洋プロパティへ!

qrcode.png
http://www.toyo-property.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

耐震・制震工法

 

プロパティホーム金物構法

プロパティホーム金物構法
 
強靭な骨組みと接合で地震から我が家を守ります
木造軸組構法の性能を左右する最大のウィークポイントは、柱と梁の接合部です。 プロパティホーム金物工法は、高精度・高強度を誇る「HSS金物」と安定した品質のエンジニアリングウッド(集成材)を組み合わせ、構造の柱・梁・土台をバラつきなく確実に接合。 バランスの良い接合部を保つ剛構造で、木造建築の耐震性や耐久性を格段にレベルアップすることができます。 
またこの工法なら木痩せを原因とするボルトの緩みによる耐震性能の低下がありませんので将来に渡って耐震性能を維持できます。
 

プロパティホーム金物構法の特徴

プロパティホーム金物構法の特徴
 
耐震性能アップ】
地震や強風による縦揺れ(上下荷重)、横揺れ(左右荷重)いずれにも大きな耐力を発揮します。
 
【優れた耐久性】
精度が高くバラツキがない構造によって、木造建築の耐久性を高めることができます。
 
【フレキシブル】
木造軸組構法の良さはそのままいかされるので、新築での自由設計、リフォームにもスム-ズに対応。
 

従来の木造在来構法との比較

従来の木造在来構法との比較
 
断面欠損の比較
従来の木造軸組構法の接合部は、施工時の断面欠損が大きく、上部からの荷重で木材が大きく変形してしまいます。プロパティホーム金物構法は、金物を挿入するスリットとドリフトピン穴の小さな断面欠損で施工でき、木材の変形を抑えます。 大地震の際、倒壊に至る建物のほとんどはその断面欠損の大きい通し柱と梁接合部の破壊が原因とされています。
 
最大4.3倍の強度を実証
強度比較実験では、従来工法の接合部と比べ、HSS金物の接合部は、柱頭部・柱脚部で最大約4.3倍、梁端部で約1.5倍の強度が確保されています。 この性能は実大振動実験でも証明されています。
株式会社東洋プロパティ
〒224-0063
神奈川県横浜市都筑区長坂1番34号
TEL.045-949-4747
FAX.045-949-9177
───────────────
建築工事業、土木工事業、大工工
事業、左官工事業、とび土木工事
業、石工事業、屋根工事業、タイ
ル・れんが・ブロック工事業、鋼
構造物工事業、鉄筋工事業、舗装
工事業、しゅんせつ工事業、板金
工事業、ガラス工事業、塗装工事
業、防水工事業、内装仕上工事
業、熱絶縁工事業、建具工事業、
水道施設工事業
───────────────
《建設業許可》
神奈川県知事(般-24)第61295号
《建築士事務所登録》
二級建築士事務所
神奈川県知事第10301号
《宅地建物取引業免許》
神奈川県知事(1)第28108号
《加盟団体》
(社)神奈川県建築士会会員   
(財)住宅保証機構登録
株式会社住宅保証検査機構登録
株式会社ハウスGメン登録
三菱電機オール電化倶楽部会員
トクラスリフォームクラブ会員
LIXILリフォーム会員
131283
<<株式会社東洋プロパティ>> 〒224-0063 神奈川県横浜市都筑区長坂1番34号 TEL:045-949-4747 FAX:045-949-9177