神奈川 横浜 川崎 湘南でダブル断熱・自然素材の家を建てるならプロパティホーム㈱東洋プロパティへ!

qrcode.png
http://www.toyo-property.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

ダブル断熱

 

「ダブル断熱」のメリット1

「ダブル断熱」のメリット1
 
家の寿命を短くする壁内結露を起こしにくくします。
グラスウールなどの内断熱材を使用した場合、壁内で結露が発生し、汚れやカビの原因となるだけではなく、住宅の寿命を短くしてしまうケースが多く見受けられます。

永い間、安心して健康に住める家には、構造体の外側に断熱材を設置する外断熱工法を施工し、さらに壁内にも断熱材を設置するダブル断熱を行うのが理想的です。

ダブル断熱は、一般的な工法に比べて手間やコストがかかってしまうというデメリットがありますが、皆様に永く健康で暮らせる家に住んでいただきたいと考え、プロパティホームでは外断熱システムEPS断熱ボード+セルロースファイバーのダブル断熱を標準仕様にしています。
 

「ダブル断熱」のメリット2

「ダブル断熱」のメリット2
 
結露のない快適な住まいになります。
ダブル断熱は、結露のない家をつくります。
冬になるとびっしりと窓に水滴がついている状態をよく見かけませんか?
ダブル断熱に使用するEPS断熱ボード+塗壁仕上のアクリル樹脂塗壁は外部からの水の侵入を防ぎ、外部と内部の熱の移動を少なくし結露を起こしにくくしています。
また、充填断熱材のセルロースファイバーには調湿効果があり、快適湿度である40%~60%前後に保つ事で室内の環境を快適に保ちます。
ダブル断熱の家なら湿度が60%以上ないと生きていけないダニやカビの発生を抑制しますのでアレルギー体質の方、高齢者や小さなお子様がいるご家庭に安心です。
 

「ダブル断熱」のメリット3

「ダブル断熱」のメリット3
 
家の寿命が長くなります。
木造住宅の大敵、『水』を寄せ付けないので家の寿命が長くなります。
木材にとって過剰な水分は、木を腐らせ、シロアリやカビを呼び構造部分を蝕んでいきます。
日本は、夏場の湿度が高く冬には加湿や結露により水分が充満しています。
断熱を怠ると水分は過剰なまま室内や壁内に残り、家の寿命を短くする原因を呼び寄せるのです。
 

「ダブル断熱」のメリット4

「ダブル断熱」のメリット4
 
冷暖房費の削減、省エネ効果に威力を発揮します。
電気代:
月平均差額 約7,250
年間差額 87,005
データ条件
平成151月~12月・4人家族・30坪総2階建のほぼ同条件の住宅で比較しています。
 
比較データ表からもわかるように内断熱にグラスウールを使用した住宅とファイバーエースを使用したダブル断熱の住宅では、年間約8.7万円も電気代に差がでました。
10年間で、87万円、30年も経てば260万円もの差となります。
株式会社東洋プロパティ
〒224-0063
神奈川県横浜市都筑区長坂1番34号
TEL.045-949-4747
FAX.045-949-9177
───────────────
建築工事業、土木工事業、大工工
事業、左官工事業、とび土木工事
業、石工事業、屋根工事業、タイ
ル・れんが・ブロック工事業、鋼
構造物工事業、鉄筋工事業、舗装
工事業、しゅんせつ工事業、板金
工事業、ガラス工事業、塗装工事
業、防水工事業、内装仕上工事
業、熱絶縁工事業、建具工事業、
水道施設工事業
───────────────
《建設業許可》
神奈川県知事(般-24)第61295号
《建築士事務所登録》
二級建築士事務所
神奈川県知事第10301号
《宅地建物取引業免許》
神奈川県知事(1)第28108号
《加盟団体》
(社)神奈川県建築士会会員   
(財)住宅保証機構登録
株式会社住宅保証検査機構登録
株式会社ハウスGメン登録
三菱電機オール電化倶楽部会員
トクラスリフォームクラブ会員
LIXILリフォーム会員
131855
<<株式会社東洋プロパティ>> 〒224-0063 神奈川県横浜市都筑区長坂1番34号 TEL:045-949-4747 FAX:045-949-9177